カルダリス 10mg/80mg(犬用)

商品名 カルダリス(Cardalis)10mg+80mg[犬用]
商品名(EN) Cardalis 10mg/80mg
内容量 1本30錠
メーカー チェーヴァ サンテ アニマル(Ceva Sante Animale)

商品詳細

カルダリス錠は犬のうっ血性心不全の治療薬として開発された新しいお薬です。有効成分にベナゼプリル塩酸塩とスピロノラクトンを含有しており、犬の慢性変性弁膜症によっておこるうっ血性心不全の治療薬に用いられます。

カルダリス錠に含有されている有効成分のベナゼプリル塩酸塩は、血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることにより、アンジオテンシンⅡの産生を抑えて抹消の血管を拡張し、心臓への負荷を抑えます。また、スピロノラクトンはカリウム保持性の利尿薬であり、体内の余分な水分を排出させることにより心負荷を軽減させます。

心不全においては多剤併用することが多く、生涯投薬が必要になることも少なくありません。そういった飼い主の負担を軽減するため、カルダリス錠は犬が好むビーフフレーバーのチュアブル錠に仕上げられており、大きさも他のチュアブル錠と比べて小さめの作りになっています。

効果

犬の慢性変性弁膜症によるうっ血性心不全症状の改善

使用方法

体重1kgあたりベナゼプリル塩酸塩として0.25mg、スピロノラクトンとして2mgを1回量とし、1日1回経口投与すること。
食事と同時の投与が推奨されます。

一般的注意事項

本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
本剤は定められた用法・用量を厳守してください。
本剤は獣医師の指導の下で使用してください。
犬以外の動物には使用しないでください。
小児の手の届かないところに保管してください。
直射日光を避け、なるべく湿気の少ない涼しいところに保管してください。
使用済みの容器は、地方公共団体条例等に従い処分してください。

オーナーの方の注意事項

誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

ペットへの注意事項

妊娠犬及び哺乳犬に対する安全性は確立されていないので、妊娠中及び授乳中の犬には投与しないでください。やむを得ず、搾乳中の犬に投与する場合には、授乳を中止してください。
投薬を開始する前に腎機能および血清カリウム量を評価する必要があります。また、投薬中も定期的にこれらの数値をモニタリングする必要があります。
重度な肝障害を有する犬には慎重に投与してください。
大動脈弁狭窄症または肺動脈弁狭窄症による心拍出量低下が認められる場合は使用しないでください。
他の血圧降下剤(利尿剤、ベータ遮断剤、カルシウム拮抗剤)や降圧作用のある麻酔剤と併用すると本剤の効果が高まることがあります。
他のカリウム保持性利尿剤と併用しないでください。(特に腎機能低下動物では血清カリウム値が上昇することがあります。)
非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDS)と併用する場合は慎重に投与してください。
ジゴキシンと併用する場合は慎重に投与してください。
デオキシコルチコステロンと併用する場合は本剤の効果が低下することがあります。
スピロノラクトンの抗アンドロゲン作用のため、成長期の犬への投与は推奨されません。
副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。

副作用

本剤の投与により、ときに嘔吐、軟便、下痢がみられることがあります。
薬理作用として降圧作用により虚脱あるいはふらつきが現れることがあるので、特に初回投与後は注意深く観察してください。

成分

Benazepril Hydrochloride 10mg, Spironolactone 80mg
ベナゼプリル塩酸塩 10mg、スピロノラクトン 80mg